揉め事を解決するとき

発達凸凹さん達の集まりなのに、
本当にもめごとが少ないちとせ。
それでも、時々は力加減や折り合いのつかなさで、子ども同士が揉めることもあります。

先日、スタッフが来客対応で手が塞がっていたので、親御さん達と子ども達でお外で鬼ごっこを繰り広げてくれていました。
途中で揉め事があり、「やられた」「やってない」のオンパレードで解決しないままちとせに戻ってきました。

私が話をきいてみると、ものの3分くらいで解決しました。

・・・

その話を家に帰って主人に話すと、
「キミはこの2つの理論に基づいて話を展開してるよね、なるほどね」と解説してくれました。

・ゼロサムゲーム(経済理論)かwin-winの関係か
・YES誘導法(営業心理学)

すごく納得。
こういう観点なんだと、理論から入るのもいいかも。

同じ釜の飯を食べる私たちだもの💕

スーパーバイザー・たかまみー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です