contents

1. Sさん(小6女子)

2.Hさん(中1女子)

1. Sさん(小6女子)
2018年6月より発達コンサルを開始。週4回通所。9月よりスクールにて療育的支援を開始。家庭とスクールの両面から支援に取り組む。2019年4月より学校復帰。発達コンサル、集団セッションで支援継続中。

【特徴】
・野外活動や調理や掃除など様々な経験を積んでおり、生活能力には長けていた。
・和太鼓、声楽、ダンス等が好きで本人も自信を持っている。
・取捨選択して物事を話すなどの、頭の中の整理が苦手。
・勘違いや場の読み違いなどがあり、激高したり意気消沈したりすることがある。
・物事の理解に少し時間がかかる。
・勉強への苦手感が強く、取りかかれない。続かない。
・時間を区切るなどの、場面の切り替えが苦手。
・嫌いな人だと思うと嫌そうな顔をして全く相手にしないなど、程よい対応ができない。

【支援】
・周りと同調することを楽しむ遊びをした。
・「単純にみんなと遊んで楽しい」遊びをたくさん取り入れることにより、嫌いなお友達への抵抗感を無くすようにした。(誰がいても大丈夫)
・幼児さんや小学校低学年レベルの課題を、面白おかしく取り入れることを続け、国語的活動・算数的活動に意欲を持つことができた。
・短期記憶の方法を伝え、ゲーム感覚で漢字を覚える遊びを取り入れた。
・激高や意気消沈で家族を巻き込んでしまうため、怒りレベルを決めておき、そのレベルを伝えることで母親にわかってもらえたという安心感を作った。
・遊びや学習を始めると、長く続けたくなり、切り替えや休憩が難しいため、学校復帰へ向け、短い時間で活動を楽しめる支援を行った。

【現在】
・中学入学より学校復帰し、楽しく学校に通っている。
・必要以上にいろいろなことを考え感じ、また要領があまりよくないことから、疲れやすいため、中学校の定休日(週1日)を作り、自宅でゆっくり寝たりのんびり過ごす日とすることをスクールカウンセラーに提案。実行中。
・定期テストでは点数につながりにくいが、本人の頑張りを母親や先生がしっかり認めているため、意欲を失うことなく学習にも取り組めている。
・テストの受け方に課題があることがわかったので、「国語のテストは、全体を見渡して、できるところから取り組み、途中でシャッターを下ろさないでやり切る」ことを支援。確実にその成果は出ている。
・発達コンサル、集団セッション等で支援継続中。

 


 

2.Hさん(中1女子)
2019年2月より週4回通所と発達コンサルを開始し、スクールと家庭との両方で療育的支援をスタートする。個人セッションで調理を、キミの応援団プロジェクトで自己理解を深めるプログラムを実施し、支援継続中。

【特徴】
・小学生の時より学校生活での困難があり、うまくできないことへのいら立ち等様々な絶望感を持ちながら学校継続。中学校で不登校となる。
・発達障がいグレーゾーン。二次障害発症。
・来所当初、十分に一回程度、絶望のアピールを繰り返し、周りを巻き込むとともに、活動ができなかった。
・一人で向き合って何かに向かうことができず、人への依存があった。
・完璧主義で、うまくできるかどうかの不安が強い。
・損得勘定が多い。
・力の調整が難しい。微細運動が苦手。書字困難もある。
【支援】
・応用行動分析学に基づく、適切な行動と不適切な行動への対処を徹底。
・本人が支援の手を受けられるような手助けを入れる。
・固有覚を使った活動を好むため、その環境を整え、満足させることで、他の活動にもとりくみやすくした。
・人に頼りがちな、移動手段を一つ一つ練習経験を重ねることで自信をつけた。
・食べ物への執着を、調理という手段を伝えることで自信を持たせ、生活に定着させた。
・自己理解を深めるプログラムを使い、自分を客観的に知る活動をしている。
・自分がやりたいイメージと可能なレベルとの差を近づけられるように支援。
・お母さんの家庭での関わり方や環境作りを徹底的に支援。
・学校連携をすることで、本人の可能なレベルを共有。
【現在】
・支援から2か月で、人を巻き込む絶望感のアピール頻度が劇的に減った。
・好きな活動が確実に増え、自信を持ち始めた。
・勝手に解釈をして怒ることが激減。
・調理を覚えてから、調理が楽しくなって自宅でも毎日何かを作っている。
・自分の出来る範囲の作業を選ぶことが少しずつ上手になってきた。
・報告することができるようになった。
・大変だったころの自分の姿を思い出し、ネガティブな話も共有しながら話せるようになった。
・次の進路を具体的に考えることができるようになった。
・毎日楽しく通うことができている。


お問い合わせ

info@chitose-kameoka.com